キーワードを入力するとGoogleサジェストの全リストを表示してくれる便利なWEBサービス「Ubersuggest」をご紹介します。ロングテールSEOのターゲットキーワード調査や記事のネタ探しに重宝します。


手動には限界がある


ターゲットキーワードの探し方~その2~」でGoogleサジェストの活用法をご紹介しました。Googleサジェストは検索回数の多いキーワードを調査できて便利ですが、一度に8個までしか表示してくれません。


また、Googleサジェストは一文字入力するごとに候補を表示してくれます。「化粧品 あ」と入力したら「化粧品 アウトレット」など「あ」の読みで始まる複合キーワード候補が表示されます。


同様に「化粧品 い」う、え、お・・・・と入力していくとそれぞれの読みで始まる候補が出てきます。手動でやるのはとてつもなく面倒臭いですね。


そこでUbersuggestを使います。


Ubersuggestとは


UbersuggestはGoogleサジェストの複合キーワードとして「あ – ん」「a – z」「0 – 9」を入力した結果をリスト化してくれるのです。手動でなんとなく調べていたら見落としてしまうターゲットキーワードを発見できることがあります。


コンテンツサイトのネタ探しに使うのもいいですし、成約率の高そうなキーワードを調査するのにも便利ですね。ロングテールSEOには必須のツールではないでしょうか。


Ubersuggestの使い方


1) Ubersuggestにアクセスします。
Ubersuggest初期画面

2) 言語を「日本語」に変更します。
言語を日本語に変更
3) 調査したいキーワードを入力し、「Suggest」ボタンをクリックします。
キーワードを入力

4) 1105個のキーワード候補が見つかりました。文字をクリックするとページ内ジャンプします。
Ubersuggest調査結果

5) こんな感じで表示されます。
リスト表示

Ubersuggestは結構有名なツールですが、知らなかった方も多いのではないでしょうか。思ってもみなかった美味しいターゲットキーワードが見つかるかもしれません。是非試してみてください。


Twitterでも体験談をつぶやいています。宜しければフォローお願いします。



参考になったと感じたらソーシャルメディアで共有お願いします!


2 Responses


  1. nakai manabu on 16 3月 2013

    いつも有益な情報をありがとうございます。

    • うえのん on 18 3月 2013

      コメントありがとうございます。
      これからも頑張っていきます。


Leave your comment