サイトアフィリエイトをやっていて一番恐ろしいのがGoogleペナルティを受けることです。順位がちょっと落ちるならまだしも、いきなり圏外に吹っ飛ぶと絶望感に包まれます。

今回は僕が5サイト同時にGoogleペナルティによる大打撃を受けた話をします。その際にどんなことをやって、最終的にどうなったかまで詳しく書いていきます。


売れているサイトの順位が一斉下落


アフィリエイターとして独立し、確定報酬が70万を越え、意気揚々としていた昨年10月に事件が起きます。2012年10月15日、なんとなく手動で管理サイトの順位を確認したら自分のサイトが1ページ目に見当たらないことに気付きました。


稼げている有力なサイトの順位が一斉に下落していたのです。でもその時はまだ致命的なものではありませんでした。「一時的なものだろうから、しばらくしたら戻ってくるに違いない」なんて高をくくっていました。


Googleペナルティは数回にわけて落ちる


10月下旬辺りから順位が戻ってきました。「ほら、やっぱり一時的だった」なんて思っていたのですが、本当に恐ろしいのはここからでした。11月6日にまた変化に気付き、「ん?なんかおかしいな・・・」と不安に思いつつGRCを走らせました。順位チェックが1つ進むたびに、血の気が引いていくのを感じました。

サイトA
キーワード1:2位→圏外
キーワード2:10位→圏外
キーワード3:2位→圏外


その日から徐々に他のサイトも下がっていきます。

サイトB
キーワード1:1位→圏外
キーワード2:2位→圏外
キーワード2:7位→圏外

サイトC
キーワード1:4位→圏外
キーワード2:5位→圏外
キーワード3:1位→5位

サイトD
キーワード1:3位→圏外
キーワード2:3位→圏外
キーワード3:10位→圏外

サイトE
キーワード1:8位→圏外
キーワード2:5位→圏外
キーワード3:7位→圏外


これ全部主力サイトです。サイトEだけは辛うじて重要なキーワードで1位を保ってくれました。ちなみに被害を受けたサイトは全部同じサーバーで管理していました。他のサーバーに置いてあるサイトには被害がありませんでした。


ショックで1週間作業できませんでした。そして11月の発生報酬額は3分の1に激減しました。


対策は何もしない


さて、普通ならここでバックリンクを外して、ウェブマスターツールから再審査を申請するところでしょう。しかし量産アフィリエイターは自演リンクが命です。他の上位表示手段を持ちあわせていません。


例えバックリンクを一時的に外して、再審査が通ったとしても、結局また自演リンクを貼らなければ順位が戻らないことは明白です。再審査の前後は監視が厳しくなる可能性が高いので、またGoogleペナルティを受けるだけだと思います。


そこで僕は「何もしない」ことを決意しました。また別のサイトを作るだけです。しかしこれまでのやり方はリスクが高いとわかったので、バックリンクサイトをもう少し作り込んだり、分散に気を使ったりとSEOのやり方に変化を加えました。


Googleペナルティを受けたことはショックでしたが、「今のうちの受けといて良かった。もっと稼げてからだったら大変なことになっていたかもしれない」とポジティブに考えることにしました。


ほぼ全部復活


新しいサイトを淡々と作って成果が出てきた12月、また変化が訪れます。12月8日にGoogleペナルティで圏外に吹っ飛んでいたサイトのほとんどが元の順位に戻ってきたのです。


ここで手動ペナルティだったのだと理解しました。パンダやペンギンのようなアルゴリズム更新の影響なら戻ってくることはないでしょう。でも手動ペナルティはしばらくすると自動解除されるそうです。


発生報酬額も元に戻りました。順調に行けば今月か来月にでも最高額を更新できそうな勢いです。ただ、Googleペナルティをまた受けるのでは、という不安は消えません。やり方を変えて、悪い影響は今のところ出ていないものの、いつどうなるかなんて誰にもわかりません。


でも僕は自分のやり方を信じて淡々と作業していくだけです。また運悪くGoogleペナルティを受けたら、また改良して量産していきます。その過程で精度を上げていけば良いと考えています。


まとめ


サイトアフィリエイトって怖いですね。量産だろうとコンテンツだろうとブラックなことをやっていたら、誰にでもこの記事のようなことが起きる可能性があります。自分がGoogleペナルティを受けたらどうするか、一度考えてみて下さい。


Twitterでも体験談をつぶやいています。宜しければフォローお願いします。



参考になったと感じたらソーシャルメディアで共有お願いします!


4 Responses


  1. 蔵田照玄 on 03 6月 2013

    うえのん様

    こんにちは。私も、これから自作自演を頑張っていこうと
    考えているのですが、多少、サーバーの費用がかかったと
    しても、主力サイトのIPはバラした方がいいみたいですね。
    さくらのレンタルサーバ(スタンダード)でワードプレスが
    20個利用できるみたいなので、さくらのサーバ利用して
    量産していこうと考えていたのですが、やめておこうと思います。

    ↓ のブログの方も、大変な思いをされているみたいです。
    http://afulieito.blog85.fc2.com/blog-entry-247.html

    • うえのん on 12 6月 2013

      コメントありがとうございます。

      僕の場合はターゲットキーワードが同じになるサイトは
      別サーバーに置いています。同ジャンルでターゲット
      キーワードが別になる場合は、同じサーバーです。

  2. 交通事故 on 13 7月 2013

    私も一昨日Xサーバーのサイトが12個まとめてペナルティくらって飛んでいきました。

    12個全て1~2か月前から準備を進めた特化型サイトで、やっと一番おいしい時期に入ったところでした。

    一つのサイトで決まった曜日は3万~10万アクセスが取れ出して今月は安泰だと思ったら僅か2週目でペナルティ・・・

    まとめて1位→50~80位状態ですw

    前日の夜リアルタイムで1000人超えたブログも一夜で一日僅か200PVぐらい×12サイトです・・・

    他のサーバーのサイトも一時間ぐらい全てインデックスが削除されて焦りましたが、Xサーバー以外は無事に1時間程度でインデックスも順位も元に戻りました。

    ちなみにブラックなことはしてません・・・

    前々から思ってたんですが、アクセスが一気に上がってくる新しいサイトはほぼ邪魔が入るような気がします。

    徹夜で再度サイトを量産し終わった今たまたまこの記事を読んでコメントしてみました。

    サイトアフィリをやってるとこんなトラブルも「しょうがねっか」みたいな感じで流していかないと身が持ちませんねw

    再審査は時間の無駄なのでするつもりはありません。

    ウェブマスターに登録してなかったサイトは全て無事だったのでもうウェブマスターいらないな~って思うようになりました。

    • うえのん on 13 7月 2013

      コメントありがとうございます。

      まとめて飛ぶとさすがにショックですよね。僕はウェブマスターツールはほとんど使っていません。確かこのブログくらいしか登録していなかったと思います。


Leave your comment