コンバージョン率を改善しようと試みたら平均単価が46%アップしたので、その方法を解説します。リンク先の記事で紹介しているサイトBのお話です。


どうなったか


2月1~13日と3月1~13日を比較しました。2月と3月はどちらも金曜日から始まっているため、曜日構成には左右されません。比較するのは例によって発生報酬です。しかもたった13日間のデータであることを予めご了承ください。


2月の平均発生報酬額は1734円
3月の平均発生報酬額は2539円



何をしたか


僕がやったことはとてもシンプルです。5分くらいで完了した施策です。

  • おすすめの価格帯を提示した
  • サイトバーを並び替えた

たったこれだけです。


おすすめの価格帯を提示した


扱っているアフィリエイトプログラムは固定報酬ではなく報酬率です。だから閲覧者に高い商品を勧めたほうが、報酬額は高くなります。当然、僕だけでなく企業にとっても嬉しいはずです。


でも無理やり高い商品を売りつけているわけではありません。僕の経験則で「最安の商品よりも、真ん中くらいの価格帯を選んでおいたほうがコストパフォーマンスが良い」と理解しているため、具体的な金額(と言ってもざっくりですが)をトップページに記載しました。


美容系のアフィリエイトプログラムでセット商品や定期コースをおすすめするのと一緒ですね。他の独占サイトではやっていたのですが、サイトBにはこれまで表記していませんでした。


サイトバーを並び替えた


僕はメインサイトのほとんどをSIRIUSで作成しています。サイトBも例外ではありません。他のアフィリエイターが作成したSIRIUSサイトを見ていると、2カラムの場合以下の様なレイアウトになっていることが多いです。


サイトBのレイアウトBefore

前々回の記事で「サイトBは余計な記事が多いから閲覧者を迷わせてしまっているのかもしれない」と書きました。各商品の詳細情報よりも比較情報のほうがユーザーにとって有益だと考え、レイアウトを変更しました。


サイトBのレイアウトAfter

サイドバーのコンテンツを入れ替えました。さらに各企業が販売している商品の中で、最も高いものを比較するページヘのリンクを上の方に配置しました。サイトBで扱っている商品は安いものと高いものの価格差が10倍以上あります。しかも「とにかく高くて良いものを買っておけば安心だ!」と考えているユーザー層がいます。


つまり閲覧者がどんな商品や情報を求めているかを理解し、レイアウト変更によって導線を作成した結果、平均単価が46%も向上したのです。


余談


適当に他サイトの真似事をしてもあまり上手くいかないことがわかりました。自分で考えて、修正していくことで色々なものが見えてきます。


しかし本来の狙いであるコンバージョン率の改善には失敗しています。今後も定期的に修正していくので、結果が出たらご報告致します。


Twitterでも体験談をつぶやいています。宜しければフォローお願いします。



参考になったと感じたらソーシャルメディアで共有お願いします!


Leave your comment