前回の記事でモチベーションの低下について書きました。具体的には作業に取り掛かってもすぐに別のことをしてしまいます。集中力が長続きしないのです。短期的に集中力を高めるために試したことをご紹介します。


5分で飽きる


記事を書いていても別のことをしてしまいます。集中力が5分も持ちません。以前は15分で1記事書けていたのに、今は1時間くらいかかっているかもしれません。パソコンはとにかく誘惑が多すぎます。


A8の発生報酬が気になる。Twitterが更新された。ニコニコ動画を見ようかな。はてなブックマークに面白い記事が掲載されているかも。A8の左上が気になる。メールチェックしよう。あのキーワードの検索順位どうなっただろう。A8のハチを見たい。


最近はいつもこんな感じです。まともに作業できるはずがありません。30分集中できれば良いことはわかっているのです。でもこれらの誘惑に負けてしまいます。まずい状況だとは理解しています。実はこれまでに短期的に集中するための施策を色々と試していました。比較的効果があったものをご紹介します。


focus boosterを使う


focus boosterはカウントダウンツールです。25分計ってくれるだけのシンプルな機能です。人間の集中力が何分続くかは諸説あります。でも大体30分くらいが限度だと実感しています。だからfocus boosterの25分という設定はぴったりです。ちなみに25分固定です。別の時間に設定することはできません。でもそれでいいと思っています。


スタート時と5分前と終了時に音が鳴ります。focus boosterでカウントダウンしている間は1つのことに集中すると決めて作業に取り組むと、それなりに効果が出ます。ただ、最近はfocus boosterの存在を忘れていました。この記事をきっかけにまた使い始めてみます。


ブラウザを変える


僕は普段Operaを使っています。新しいタブを開けばスピードダイアルにお気に入りサイトが20個以上表示されます。もうOperaを使っている事自体が誘惑に繋がってしまうのです。


だから作業にはChromeを使うようにしています。Chromeには趣味のお気に入りは一切登録されていません。精々TwitterとGmailくらいです。あとは作業に使うものだけを厳選しています。


また、僕は日本語ドメインを利用することが多いため、Chromeが重宝します。Chrome以外のブラウザはURLをコピーしても日本語のままです。しかしChromeはPunycode変換したURLがコピーされるため便利です。


休憩時間にやることを決める


1つの作業が終わったら何をするか予め決めておきます。例えば、短時間で終わるゲームをするかとニコニコ動画を15分だけ試聴するとか、気晴らしになる物事をご褒美感覚で設定しておきます。作業が終わるまでは余計なことをしないという意思決定にも繋がります。


逆に決めておかないと、だらだらしてしまい休憩時間がいつまでも終わらず、次の作業に取りかかれなくなります。休憩中にやることもfocus boosterなどで時間管理したほうがうまくいくかもしれませんね。


Twitterでも体験談をつぶやいています。宜しければフォローお願いします。



参考になったと感じたらソーシャルメディアで共有お願いします!


Leave your comment