昔はSEOやアナリティクス、PHPなどの書籍を買って読んでいましたが、最近はめっきり読まなくなりました。もっぱらWEBから情報をあさって知識を身につけています。これまで買った書籍を本棚から取り出すことはほとんどありません。しかし唯一いつもキーボードの側に置いている書籍があります。それが「バカ売れキーワード1000」です。


バカ売れキーワード1000とは


バカ売れキーワード1000

「バカ売れキーワード1000」(以下「バカ売れ」)は読み応えのある書籍ではありません。辞書のように使います。類義語を含めると約4000語ものキャッチコピーが用例と共に紹介されています。キャッチコピーを用いる状況や商品に応じて以下のように分類してあるため、使いたい言葉をサッと見つけることができます。

  • 【特徴】:提供するモノの特徴をより後花摘に伝える
  • 【気付き】:あなたの前にいるお客様に気付きを与える
  • 【強調】:優れている部分をより際立たせて効果的に伝える
  • 【人気】:お客様から強烈に支持されていることを表現する
  • 【感情】:お客様の感情をとことん刺激する
  • 【リアル感】:数字を活用してより現実的に表現する
  • 【お得感】:お得感を強調してお客様を刺激する
  • 【標的(ターゲット)】:ターゲットを絞って特徴を際立たせる
  • 【誘導】:目的とする行動へとお客様を誘導する

前職の先輩にバカ売れを見せてもらったのが最初でした。なんとなく便利そうだし、今後ずっと使っていけそうだったので、自分で買って机に置いておきました。そして今も手元にあります。もう3年以上使っていると思います。


どんな場面で役立つのか


バカ売れは文章を書くあらゆる場面で活躍します。これまでの経験を含めて、僕の使い方を一部ご紹介します。


タイトル、description


以前、検索結果のクリック率が順位に影響するという記事を書きました。つまり閲覧者がタイトルやdescriptionを見て、クリックしたくなるような文章にすることが大切です。ただ単に上位表示したいキーワードを盛り込むだけでは不十分です。閲覧者が「役に立ちそう!」「面白そう!」「参考になりそう!」と思わずクリックしたくなる言葉を含めるべきです。


アンカーテキスト


アフィリリンクのアンカーテキストにも使えます。「◯◯◯の詳細はこちら」よりも「前回販売時にわずか3時間で完売した◯◯◯の詳細はこちら」と書くほうがクリックされるかもしれません。もちろん商品の特性を理解した上で使い分ける必要があります。


メルマガタイトル


メルマガは読者に開封してもらわないと意味がありません。だから読者の興味をそそるタイトルを付けることが最重要です。サイトタイトルとは違いSEOのターゲットキーワードを意識する必要はないため、言葉の選択肢は広がります。毎回面白いタイトルを自分で生み出すのは大変ですが、バカ売れがあれば読者の属性に合ったキャッチコピーを簡単に見つけられます。


持っておいて損はない


他にもバナー広告、PPC広告文、アフィリエイト記事本文など閲覧者にアクションを起こしてもらうために書く文章すべてに役立ちます。でも「バカ売れキーワード1000を持っているから稼げるようになった」なんてことは言いません。そんな魔法のようなアイテムではありません。「自分の感覚だけで文章やキャッチコピーを書いているとどうしてもワンパターンになりがちだけど、バカ売れを持っておくと手っ取り早く語彙の幅を広げられる」くらいのものです。


はてなブックマークにホットエントリする記事タイトルを見ていると、ソーシャルSEOを意識していることはわかるものの、バターンは少ないと感じます。現在、僕はソーシャルSEOを意識した書き方はあえてしていません。でも今後ソーシャルSEOを意識することがあれば、このバカ売れが大活躍すると確信しています。


バカ売れを書店でで見かけたらパラパラと捲ってみてください。会社でも個人でも文章を書いている方ならきっと役に立ちますよ。amazonのレビューも参考にしてください。

バカ売れキーワード1000
http://www.amazon.co.jp/dp/4806133809


Twitterでも体験談をつぶやいています。宜しければフォローお願いします。



参考になったと感じたらソーシャルメディアで共有お願いします!


6 Responses


  1. susi-paku on 18 4月 2013

    これ自分も買いました。(‘A’) 語彙が増える感じで、自分のボキャブラリーの無さを痛感しました。

    • うえのん on 18 4月 2013

      コメントありがとうございます。
      「あぁ、そんな言い方もあったか」と表現力が高くなるのがいいですよね。

  2. ジョージ滝川 on 16 5月 2013

    はじめまして!いつも参考にさせて頂いています。
    私もこれ持ってます!PPCアフィリに取り組んでいた時に買いました。
    また引っ張り出してきて活用しようと思います!

    • うえのん on 17 5月 2013

      初めまして。コメントありがとうございます。
      PPCは広告文次第でクリック率もCVRも大きく変わるそうですから、キャッチコピーは特に重要だと思います。もちろんサイトアフィリやメルマガでも威力を発揮してくれますので、是非ご活用ください。

  3. ホッカム on 01 8月 2013

    うえのんさん
    ホッカムです。いつもお世話になります。
    過去ログからのあれで申し訳ないですが、
    こちらの本、僕も購入しました。
    まだアフィリエイトを始めて1か月半そこからの駆け出しですが、
    3サイト程、パワーサイトを育てようと立ち上げ記事更新に奮闘しておりますが
    サイトタイトルや記事タイトル、結構適当になっていたりしています・・・。
    そういったことに気づいたときに、この本は活躍しますね^^
    関係ないところで、
    一個ご質問させてください。
    うえのんさんのアフィブログ、SEOアフィリエイターでの検索エンジン1位、すごすぎます。
    しかも短期間で。
    これはやはり、被リンク対策のものなのでしょうか?
    それとも内的なものなのでしょうか?
    SEOチェキとかで調べても中古ドメインからの被リンクを多用しているようにも
    思えませんし、
    何か方法があるのであればご参考までにご教示いただければ幸いです。
    よろしくお願い致します。

    • うえのん on 01 8月 2013

      このブログは何かのキーワードで上位表示しようとは思っていません。特に被リンク対策もしていないと思います。Twitter、はてなブックマーク、他の方のブログなどのナチュラルリンクばかりです。

      つまり拡散しやすい内容、同意しやすい内容を書いた結果、上位表示しています。僕のアフィリエイトサイトのSEO手法とは異なりますが、こういう方法もあります。


Leave your comment