年末なのでなんとなくメインサイト(ただし、メインサイトが一番稼いでいるとは言っていない)について記事を書こうと思います。唯一しっかり作りこんでいるサイトで、色々なことを考えながら運営しています。



発生報酬とPVの年間推移


*発生報酬です。承認率70%程度で安定しています。ただしこの数値は特別単価を反映していません。特別単価を加味すると1.5倍くらいになります。

サイトを作ったのは2013年7月です。2014年3月は需要が激増したため奇妙なグラフになっています。10月11月は年間で最も売れない時期です。逆に12月は売れる時期です。

元々はWordpressの無料テーマ(レスポンシブ)を自分でカスタマイズしていました。しかしカスタマイズすればするほどごちゃごちゃしてきて、売上に悪影響を与えていると感じました。

そこで知り合いにWEBデザイナーさんを紹介してもらって、11月にサイトリニューアルしてもらいました。そのおかげかはわかりませんが12月は非常に好調です。

準備してから大規模サイトに着手

さて、最近は大規模サイトが流行しているような気がします。でも僕はいきなり大規模サイトに着手するやり方はあまりおすすめしません。

僕の場合はSIRIUSで小規模サイトを1年以上量産し続け、どの程度売れるか、売れるキーワード、効果的な訴求の仕方、SEO難易度を把握してからメインサイトに着手しました。

このほうが効率的で無駄がないと考えています。ちなみにメインサイトを運営しつつ、小規模サイトの量産も継続してます。

業界の有名人になりたい

メインサイトを作る段階で、ただ単に記事を更新し続けるのではなく「業界の有名人になろう」と決意しました。有名人になれば記事の説得力が増したり、広告主との交渉をしやすくなったりと色々と良い効果が生まれると考えたのです。

そのため薄い記事は極力書かないように心がけています。広告主のイベントがあれば欠かさず行きます。業界のイベントにも積極的に取材に行きます。そんなこんなで1記事書くのに5時間以上費やしています。(広告主のサイトからメディア掲載実績としてリンクを貰えることも)

Twitterでの活動

有名人になるための活動の一環としてTwitterを頑張っています。ユーザー層と密にコミュニケーションを取ることで「質問しやすい雰囲気」を作り出しています。最近は週に何度か商品に関する質問が来ます。

また、RTでの拡散も狙っています。戦略の1つに「仲良しリスト」があります。Twitterで「仲良し」という名前のリストを作成し、頻繁にRTやリプライをしてくれるフォロワーをリストに放り込みます。

フォロワーからすると「なんか凄そうな人に仲良し認定されたぞ」となり、次回からほぼ確実に記事ツイートをRTしてくれるようになります。

管理人名義のサイトを増やす

管理人の知名度を向上させるため、ユーザー層に役立つサイトを作り続けています。現在メインサイト以外に3つのサイトがあり、いずれも収益度外視です。

メインサイトを知らなかったとしても、「あぁ、あのサイトを運営している人ね」と管理人を認識してもらうことで、将来的にメインサイトに呼び込めるのでは、と考えています。

まだまだ有名人になれていませんが、これまでの戦略は概ね上手くいっていると実感しています。2015年は管理人名義のサイトをあと3つ作成し、売上1.5倍を目指します。


Twitterでも体験談をつぶやいています。宜しければフォローお願いします。



参考になったと感じたらソーシャルメディアで共有お願いします!


Leave your comment