こんにちは、うえのんです。パシさんの記事に感化され、久しぶりにブログを書いてみます。

超人の報酬額を見ても焦らない

報酬の伸び方って本当に人それぞれです。最初に急激に伸びる人もいれば、じわじわと増えていく人もいます。リンク先のグラフだと僕は2か3が近いような気がしますが、乱高下が激しすぎてなんとも言えません。つい最近もサイトが飛んでないのに500減りましたし・・・。

でも少なくともアフィリエイトを真面目にやり始めた頃は異常なほど順調でした。なぜあんなに伸びたんだろなぁ、と考えてみたらあの頃はライバル的な存在が身近にいたことを思い出しました。



仲間が必要かどうかは人それぞれ

ところで最近は◯◯ナイトがあちこちで開催され、アフィリエイターがリアルで会える機会が増えています。そもそもアフィリエイターに仲間やライバルが必要か、という話になるわけですが、僕の場合はいて良かったなと思います。

もちろん独りで続けている人もたくさんいるでしょう。誰かと会ったからといって劇的な変化に繋がるかどうかなんてわからないのですから、「絶対に仲間を作ったほうがいい!」なんてことは僕には言えません。

同僚がアフィリエイターでした

僕は昔兼業で少しだけアフィリエイトをやっていました。当時は5万円くらいで満足していました。副業なら給料+5万円で充分だと感じていたからです。

しかし同僚の一人がアフィリエイトを頑張っているらしいという噂を耳にしました。しかもどうやら毎日朝3時まで作業をしているとのこと。「彼はもしかたら10万円、いや30万円くらいアフィリエイトで稼いでいるかも」と思って詳しく聞いてみたら、なんと80万円でした。

まさか身近にこんなにアフィリエイトをやりまくっている人がいるとは思いも寄らず、衝撃を受けました。僕と彼は別の部署でしたが、同じリーダー格でした。SEOやライティングのスキルはほぼ一緒(だと思っていた)なのに、こんなに差があることが悔しく、「もっと真面目にアフィリエイトをやろう」と決心しました。

自分の足りない部分が浮き彫りに

その頃から休憩時間になるとお互いに情報交換をするようになりました。アフィリエイトでどの案件が稼ぎやすいのか知らなかった僕からすると、眼から鱗の連続で非常に勉強になりました。

そして同時に自分に何が足りないかも自覚しました。作業量、キーワードの考え方、ランキングの見せ方、訴求の仕方・・・等々。とにかく彼に追いつこうと必至に努力しました。

僕自身も作ったサイトでどういう結果が出たのか教えたりしていて、切磋琢磨した結果、二人共報酬がかなり伸びました。僕が50万に到達する頃、彼は100万を余裕で越えていたと思います。

とにかくお互いが良きライバルで良き仲間でした。僕が退職してから数カ月後、彼と会った時に「え、まだ100万越えてないんですか?(真顔)」と言われたことは一生忘れないでしょう。

アフィリエイターの仲間を見つけるのって意外と大変

このように振り返ってみると僕がアフィリエイトを真面目にやり始めた頃順調だったのは彼のおかげかもしれません。この間、はぐりんさんが「僕がアフィリエイトで成功するために大事だと思う事」で

うまく行かない時や悩んでいる時は相談にも乗ってもらえたり、自分と近い環境で苦しんでいる仲間と励ましあうというのは、基本的に1人で作業をするアフィリエイトでは大切なことだと思っています。


と書いていて強く共感しました。でもそういう仲間を見つけるのって結構大変です。例えばセミナーに行って懇親会に参加したとしても、隣の人は知り合いに会いに来ただけかもしれません。あるいは飲みに来ただけかもしれません。

自分が仲間を作りたいと思っても隣の人がそうとは限りません。その典型がA8フェスのようなイベントです。歩き疲れて休憩していたらいきなり話しかけられて引いてしまった、なんて経験があります。

アフィロックのぼっちバーがいいチャンスかも

しかし仲間を作りたい人にとって嬉しいイベントが12月に開催されます。みなさんご存知のアフィロックです。アフィロックにはぼっちバーというまさに御一人様のためのブースがあります。そこにいる人みんながみんな仲間を作りたいと思っているはずです。こんな機会はなかなかありません。

アフィリエイトでわからないことが多すぎる、孤独に作業し続けるのが辛い、と感じている方はアフィロックに行ってみてはいかがでしょうか。



Twitterでも体験談をつぶやいています。宜しければフォローお願いします。



参考になったと感じたらソーシャルメディアで共有お願いします!


Leave your comment