ターゲットキーワードとは上位表示を狙う言葉のことです。僕が実践しているターゲットキーワードの決め方をご紹介します。ここを間違えてしまうとサイト作成が全部無駄になってしまう恐れがあります。それくらいターゲットキーワード選定は重要です。


一般名詞か固有名詞か


最初にASPで稼げそうなプログラムを探します。ASPのプログラムランキングや報酬率、知名度などを参考にしましょう。ちなみに自分の得意ジャンルに限定したほうがスムーズに行くと思います。詳しくないジャンルよりも、文章を書きやすい得意ジャンルのほうが上手くいくものです。


良さそうなプログラムを見つけたら、一般名詞と固有名詞のどちらかで狙うかを考えます。一般名詞とは「レンタルサーバー、化粧品、美容、転職」みたいな言葉です。固有名詞とは「お名前.com、カラーミーショップ、ロリポップ、湘南美容外科」のような商品名・サービス名のことです。一般名詞はジャンルワード、固有名詞は商標ワードと呼ぶのが普通なのでしょうか?よくわかりません。


一般名詞は「◯◯ ランキング」「◯◯ 比較」などで上位表示を狙います。固有名詞は「◯◯ 評判」「◯◯ 口コミ」です。どちらが優れているとは言えませんが、固有名詞のほうが報酬が発生しやすいと感じてます。初心者は固有名詞のサイトを作って練習することをおすすめします。ただ、固有名詞の場合、その商品自体が売れていることが前提条件です。有名なのかチェックしてみましょう。


あと注意事項がもう1点。固有名詞の場合、その企業がアフィリエイトを禁止してしまったら終わりです。だから僕は長期的には一般名詞のほうが有利だと思います。僕自身、今は一般名詞のサイトばかり作っています。


成約率の高いキーワードか


一般名詞の場合、2個めのキーワードが重要です。コンバージョンに直結する言葉かどうか考えましょう。例えば「通販」は明らかに買おうと思って通販サイトを探しています。その商品を買えるサイトを紹介するだけでコンバージョンに繋がります。


「おすすめ」もいいですね。買おうと思って良い物を探している段階です。「ランキング」「比較」も同様の理由で濃いアクセスを集めやすいキーワードです。僕は「おすすめランキング」とか「比較ランキング」にして複数のキーワードで上位表示を狙っています。


ユーザーが何を考えて検索しているのかをイメージしましょう。


Googleキーワードツールを活用


「このキーワードで上位表示できたら、大量のアクセスが集まって稼げる!」と思っても、それは妄想に過ぎないかもしれません。本当にアクセスは集まるのでしょうか。それを確認するためにGoogleキーワードツールを使います。


GoogleキーワードツールはGoogle利用者がどんな言葉を何回検索しているかを調べることができる素晴らしいサービスです。では実際に使ってみましょう。


1) Googleキーワードツールにアクセスします。

2) 認証文字列を入力します。
Googleキーワードツールの認証

3) 左側の「マッチタイプ」を「部分一致」から「完全一致」に変更します。部分一致だとサブキーワードも含めた検索回数が表示されます。完全一致だとそのキーワードだけの検索回数になります。
Googleキーワードツールのマッチタイプ変更

4) キーワードを入力して「検索」ボタンをクリックします。「入力した語句を含む候補のみを表示」にチェックを入れたほうが見やすくなります。
Googleキーワードツールの検索文字入力

5) 今回は化粧品を調べてみました。ずらりと検索回数が出てきましたね。赤枠の「ローカル月間検索ボリューム」をクリックすると、検索回数の多い順にソートできます。
Googleキーワードツールの検索結果表示

グローバル月間検索ボリュームは全世界での検索回数です。ローカル月間検索ボリュームは日本国内です。だから日本人向けのアフィリエイトサイトを作るなら、ローカル月間検索ボリュームだけ見ればOKです。


結果を見てみると「化粧品 通販」が4400、「化粧品 ランキング」が2900です。「化粧品 おすすめ」は110しかありませんでした。ジャンルによってどのキーワードが人気か大きく異なるので必ずチェックしましょう。


Insights for Searchで変動を確認


Googleキーワードツールで出てきたのは「過去12ヶ月間の検索総合回数を1ヶ月あたりに平均化した数値」です。だから検索回数が減少傾向だとしても大きな数値が表示されてしまいます。また、「蟹 通販」のように年末年始だけ爆発的に検索回数が増えるケースもあります。


せっかくアフィリエイトサイトを作るなら、今現在も、そしてこれからも検索回数が安定していて欲しいものです。そこでInsights for Searchを使います。Insights for Searchは検索回数の変動を調査できるツールです。


1) キーワードの右側にある三角ボタンをクリックします。
三角ボタンをクリック

2) 「Google Insights for Search」をクリックします。
Google Insights for Searchをクリック

3) グラフが表示されました。「化粧品 通販」は多少の変動があるものの、1年間安定していますね。これなら今後も大丈夫そうです。
グラフ表示

キーワードツールの数値はあまり信用できない


ではローカル月間検索ボリュームはどれくらいの数値がいいのでしょうか。もちろん多ければ多いほどいいのですが、ライバルも増えて難易度が上がるのも事実です。ライバルの調査は後々書くとして、僕は最低でも1000以上を狙います。大抵は2000以上ですね。


しかしキーワードツールの数値を完全に信用するのはちょっと危険だな、と僕は思います。以前こんなことがありました。美容系で完全一致1300のキーワードを発見しました。早速ドメインを取得してサイトを作成したら、わずか2週間で3位になりました。「うひょー!これは稼げるぜー!」と喜んだのですが、なんとアクセスが1日1PVしかありません。もうがっかりです。


なんでそんなことになってしまったのか、それからターゲットキーワードの探し方をどのように変更したかを書いていこうと思っていたのですが、あまりにも長くなってしまったため、記事を2個に分割します。続きは次回!


[追記]
続き書きました。「ターゲットキーワードの探し方~その2~


Twitterでも体験談をつぶやいています。宜しければフォローお願いします。



参考になったと感じたらソーシャルメディアで共有お願いします!


Leave your comment